交通事故で頼れる弁護士の選び方

交通事故に遭いますと、相手方がある事故の場合は過失割合についての交渉を行う必要があります。過失割合についての交渉を行う方法としては大きく分けて二つあります。

保険会社に依頼して相手方と交渉を進めていくか、示談によって交渉をすすめていくかの二つです。保険会社に依頼する場合は、保険会社の担当者が相手方との交渉の窓口になってくれますので、自分が直接相手方と交渉する必要はなくなります。また、保険会社の担当者は当然のことながら交渉のプロですので、適切な過失割合で交渉を進めてくれます。しかし、示談となりますと、自分で示談を行う場合は自分自身が交渉の窓口となります。相手方が保険会社に交渉を依頼いていた場合ですと、交渉のプロを相手にしなくてはいけません。一人だと不安な状態となってしまいます。その理由は、相手が交渉のプロゆえに、相手方のペースにはまってしまい、こちらの過失割合が増えてしまう可能性があるからです。そのような場合に頼りになるのが弁護士です。弁護士に交通事故の示談を依頼することによって、弁護士が交渉の窓口となってくれます。そして、適切な過失割合で交渉の決着をしてくれるのです。適切な過失割合で交渉をしてもらうためにも、親身になって相談をできる弁護士を選ぶのが理想的でしょう。しっかりとこちらの意図をくみ取ってくれる弁護士が良いのです。そうすることで、弁護士自身も事故の状況把握がしっかりと出来るため、交渉がスムーズに進みます。そして、こちらが不利になるような方向へと示談が進んでいくことはありません。ですから、示談をする際に一人だと不安で弁護士に依頼する時は、親身になって相談をできる弁護士が良いのです。